読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

莢迷の旅

できれば連れて行って欲しいんだ

生きろ

他人は羨ましいけど自分にできることをしよう どうせできないんだ、人のやってることは

その人にもその人の人生がある

その人生によってその人は形成されている

他人なんて見る必要はない、まずは自分を見ろ

そうして何ができるかを見つけてからだ

と思ったけど他人を見なきゃ自分もよくわからないままだな

他人を見るって言っても、きっと今は同じ人の同じ場所をずっと見てる

できないものは諦めて違う場所を探す それがいいのか

よくわかってない

少なくとも自分は未熟だし子供だし甘えんぼうだ

 

努力や苦労はする必要はない、努力は楽しんでる人には勝てないという言葉は真理だと思ってる

だから苦しまなくていい 言ってみれば楽しむ努力はした方がすべてうまくいくんじゃないか と思う

 

3Dとかしてた頃、他の3Dしてる人に全く馴染めなかった 本当に

ただ怖かった 理解できなかった というか、自分とあの人達は別の生物で、1人だけあの群れの中に放り出されて仲良くしていいものかわからなかった

きっと外堀から埋めていった方がよかったのかもしれない もうどうでもいいが

そんな感じで人とはうまく馴染めない だから楽しめない、って思うのは嫌だ

それでは世界が広がらない もっと、1人でも楽しめるものはあるはずなんだ

パズルゲームが好きで、最近はいろんなのをしてるんだが、とても楽しい

いろんな発見があるからだと思う あと少しだけ頭を使う作業が大好きなこともある

生きることに対する不安がなくなったせいで、今度は後世に何か残したいという気持ちがでてくる

子供を作るというのもきっとそれの一種なんだと思ってる 子供は世界で一番たくさん作られている作品だ 立派な作品になって欲しいという願いがあるんだろう 一生を捧げて後世に残す渾身で最後の作品。

俺は幼稚園児くらいの子供、騒ぐ子供、まとわりついてくる子供が大嫌いだから、子供を持つのに抵抗がある この話は今はやめよう

でも後世に何か残したいのは確か 他の人の言葉を借りて言えば「生きている証を残したい」

何もせず生きるのはあまりにも暇すぎるし、もったいない

世のため人のために生きるのもよし、自己顕示として作品を作るのもよし、したいことをして歴史的人物になるのもよし 一番いけないのは何もしないこと

こんなことを言っているけど本当は俺は何かをしたいんだ そしてそれは決まっている

が、それをするだけの力がない 体力気力技術力、いろんなものを含めて

力が欲しい

 

よし、考えるのはやめだ こんなもの書いたって仕方ない

 

 

ツイッターにでも愚痴りたいけどそれについて好きな人が大勢いるからなんとかしたいが何もできないもどかしさによる気持ち悪さを感じさせないためにもこっちで愚痴る

少しだけでも書きなおすのが面倒だからツイッターに上げる用に書いたやつをコピペする

艦これの女のほとんどはオッサンがオッサンのために、オッサンが好きな女を作って集めた物って感じがある 好かれる過程を面倒に思っているけどカワイイ女の子に好かれたいオッサン達

 

 

はたして寝る時間はあるのか