読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

莢迷の旅

できれば連れて行って欲しいんだ

ひとりよがり

http://blogos.com/outline/82410/

リクルート信者じゃないというかあんまいい印象があるわけじゃないし歌詞の言葉の美しく無さは同意する

ほんtttttttttttttっとうに美しくない歌詞 言いたいことをただ言っただけで歌でも詩でもない 歌とか詩はもっと美しく言葉遣いで魅せるべきだと思ってる

 

でもこの記事も、引用した文も、この文章は「そういうことを言いたいんじゃねえ」って印象

別にオレらは人生諦めていないし、昼間の立ち食いソバ屋で「揚げ玉入れ放題」なんてことが分かったら狂乱して嬉しくなるし、負けると思っていたプレゼンで勝ったら狂喜乱舞するし、乗らない気分で行ったキャバクラでついてくれたキャバ嬢がノリが良かったら嬉しくなるし、人生にはいちいち「嬉しいポイント」ってのがあるわけですよ。 

 って言ってるけど、知ってるよ。お前らがちょっとしたことで喜んでるのは知ってる。そうじゃないと人生やってらんないだろう。そうじゃなくて、いやほんと自分のやりたいことやれてるのかって話をしたいんだよ

というか、やりたいことも見つけられずただただ生きてるだけの人ってたくさんいて、そういう人達をたくさん見てきたから彼らに「そんなんでいいのか」っていう思いがあって でその思いが強すぎたからこういう美しくない歌詞にもなったし、喧嘩を売る形になった そういうことだと思う

あるでしょ「自分はその方が幸せ/正しい/そうであるべきだと思っているから、人もそうした方がいい」っていう考え方 誰でもやってしまう考え方でそれが表に出てしまっただけ

 

早い話がこれ人生観の違いって話なんだよ

「何か特別なことしたいわけじゃないけど結婚して子供作って平和に暮らして日々の何気ないものを楽しむ」生き方をしたい人と、「何かを成し遂げて歴史的人物になりたい/何かの分野で有名になって誰かの胸に残って欲しい/自分の好きなことをできるなら早死にしてもいい」という生き方をしたい人と

この文章の人は後者で、何かしら自分なりの考えや信念があるんだけど、前者の考えや信念の無さに腹が立ったんだと思う いや俺も同じ気持ちだよ ありきたりだけどありきたりに生きてありきたりに死んでいく人生でお前はいいのか 人生とは何なのか、なぜ生きるのか、死にたいか死にたくないか、死とは何なのか それらについて真剣に考えたことの無い人間が充実した人生を送れるもんか お前はただただ死んでいくだけだ という怒りがある

そんなのを考えたって仕方ない、面倒だし という意見もあるだろう がそれこそが人生観の違いだ

そんな2つの人生観が喧嘩をしたってどっちも正反対の考えをしているもんだから決着がつかない

そもそもこの論争は無意味なんだよ

ということでいい加減このことについて何も思わなくなった 価値観の違いはもう諦めるしかない

ただ俺の意見は人生について考えないのは生きていて仕方ないというのと、この歌は美しくないというのと、お前らは何もしないでただただ死んでいけばいいそれが幸せならば ということだけだ

それが幸せだというならむかつくから俺の前に二度と顔を出すな と一言だけ言う

 

もう一回読んでみたらなんだこれ 若者に夢を持つな、社会という虚構の機械の歯車として機械の一部になれ、とでも言ってるのか。

本当に……。機械みたいなもんだよこれは。ちっとも人間らしくない。人間らしさを忘れてしまっているんだから気づかない。お前たちは気づかないんだ。

1人でもいいから機械の奴隷になっていることに気づいてくれ。気づかないお前はもういい。手遅れだ。システムを動かすために人は生きてるんじゃない。

どう考えたっておかしいんだよ、24時間働いて、なんて。面倒くさい客のクレームに笑顔で対応するなんて。誰かがそのルールを決めたのか。誰が決めた。誰が正しいのか。誰を正しいと思ってる。自分は正しくないのか。自分は正しくないけど人は正しいと思っているのか。自分に自信がないことの表れだろうそれは。よくいるんだけど「誰かが正しいと言っていたからそれは正しい」って意見。もし問題があったらその言っていた誰かにすべての責任を押し付けるつもりか。そんなことしても無意味だよ。その誰かは絶対に責任を負わないよ。信じたお前にすべての責任があるだろ。どう考えても。

 

 

人ってのはひとりよがりに生きるべきなんだよ。

中学の時、「そんなひとりよがりな考えは良くない」と説教する先生がいた。

女子中学生が「ウチらのが正しいし」とか言ってもその先生は耳を貸さない。

女子中学生の方が間違ったことを言っているだろうけども、そんなことよりも、正しいかどうかに関わらず人の意見を鵜呑みにして妄信しないことはひとりよがりだろう。

何を信じるかは自由だ。俺の言ってることを信じなくてもいい。俺の言ってることは所詮俺のひとりよがりな意見だからだ。

耳に入る意見をすべて正しいと思い鵜呑みにする、ひとりよがりでない考えはどうなのか。踊らされるだけだ。

これもきっと価値観の問題で、重要度の問題だ。俺はこのあたりを重要視しているけども、興味ない人は本当に興味がなくて別の部分を重要視してる。俺はそっちのよさを知らない。だから何も言わない。でも俺はひとりよがりに生きて、自分が満足できればそれでいい。

人のためになりたいと言うなら、人のために1000回苦しんでも尚そう言えるほどの覚悟がないなら、結局は「人のためになることをして満たされたい」というだけだ。簡単に人のためになりたいって言うのはやめろ。身の程を知れ。

あともちろん、ひとりよがりと言っても人の意見も取り入れるよ。

人がいるからこそ今の自分も、これからの自分も成り立って洗練されているんだし。

何も取り入れないんじゃなくて、良い物は取り入れるけどもいらないものは捨てましょうという話。出島は作るけどキリシタン対策はしましょうという話。鎖国が基本少しだけ他国の技術を取り入れる。

 

追記

http://fujipon.hatenablog.com/entry/2013/11/10/085036

もう、この先に、楽しいことなんて、ないんじゃないか?

我慢しても、いいことなんて、ありはしないんじゃないか?

少なくとも「楽しいことなんてない」とわかった風なことを言う大人なんかにはなりたくない。きっと否定される。でも、否定して「人生は楽しいことがない」って言うのもどうなんだ?と思う。する必要があって否定してるのか。

希望だけは忘れちゃいけない