読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

莢迷の旅

できれば連れて行って欲しいんだ

俺は引きこもりをやめるぞ、ジョジョー!みたいな

http://www.carpefidem.com/column018.html

http://www.carpefidem.com/column001a.html#top

ちょっとなんか面白いもの見つけた。

 

ほとんどが親に対する愚痴だな。違う違う。そういうことを一人で言っても意味がない。

「若いうちはまだなんとかできる」ということ。

うん、俺もまだ10代なんだし諦めるのは早いな。勉強だ勉強。

国語や社会や倫理なんかを勉強すると自分の知らなかった考え方を知れる。

数学や理科なんかを勉強すると物事を筋道立てて考える癖がつく。

英語を勉強しておけば成長の伸びしろが増える。

 

中学の頃、数学好きだったんだけど、(倫理的にっていうのかわかんないけど)そういう考え方できてた気がする。今はできなくて寂しいんだけどね。やっぱあれは勉強の成果だったのか。

勉強してないとニュアンスでしか考えられない(要はバカっぽい)ようになる。はい。今の俺な。

英語ねえ……めんどくさい……でも確かに英語使う場面ってちょいちょいあるんだよな。使えたらかっこいいし。かなり適当な理由だけど、充分だと思う。

それになにより勉強できない、教養がないっていうのはすごく恥ずかしい。

 

そういうわけで今年は勉強しようと思う。いや、する。幸い塾にも名前だけ在籍してるし、環境は十二分。

 

あとはバイトかなー。人と話して社会性を作っていかないとだめだ。恥ずかしい。

 

 

今はまだ全っ然理解できないけど、「不登校という状況が、実は大きな可能性を秘めている」って一文。理解できないんだけど、信用できる。

 

仕事って、どれも「必要とされてるからお金をもらえる」んだよね。

自分も仕事して生きていかなきゃならないんだけど、そのためには「他人に必要とされなきゃならない」ということに。

「どうすれば必要とされるのかを考える」ことは10代20代で重要なことなんだそうだ。

「自分の得意分野を知る」っていうのは、必要とされることを考える上で大切なことで。で、自分の得意分野を知るためには人と関わっていかなければならないんだけど、ネットじゃどうやっても仮想世界でしかないから、やっぱりリアルで人と話さなきゃなと。バイトもしようか……。

 

 

とりあえず大事なことをまとめよう。ほぼコピペになるけど。

 

  1. まだ若いからそこまで絶望しなくても大丈夫。
  2. ただしいつまでもそうしてはいられない。塵も積もればというし、だらだらしてれば30まで抜け出せないぜ。
  3. 最低限の勉強はしておきなさい。受験とかの力になるわ生きていく力になるわで一石二鳥なんだぜこれ。
  4. 「どうすれば他人に必要とされるのか?」一番かはわからないけどかなり重要。
  5. 「自分の得意なものとは何か?」上を考えることに必要です。

 

ということ。で、これをやっていけば「不登校」というステータスを武器にできる。らしい。

 

 

具体的に言えば勉強とバイトじゃー。